GERD お問い合わせサイトマップ
コンサルティング 研究開発 R&D 販売・レンタル
HOME

コンサルティング


土木分野(岩盤・水理)の調査法
■高周波電磁探査法による浅部探査
岩盤・水理
 
高周波電磁探査法による浅部探査

弊社は、国内ではじめて商業用MT法探鉱機を導入した会社です。また、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)よりの委託研究として、さまざまな電磁探査機器・解析技術の開発を行って参りました。

現在、弊社では、様々な可探深度の電磁探査機を用意して、お客様の目的に応じた調査を実施しております。

弊社の電磁探査機器の一覧

・ZHF f=10MHz〜10kHz 可探深度:1m〜50m
TEM-FAST t=4μsec〜1000μsec 可探深度:10m〜150m
STRATAGEM f=100kHz〜10H 可探深度:10m〜500m
・CSMT法 f=8kHz〜数Hz 可探深度:50m〜1km
・MT法 f=2kHz〜Hz 可探深度:100m〜数km
・HBMT法 f=8kHz〜0.1Hz 可探深度:50m〜数km

このうち、浅部調査用のZHF、TEM-FAST、STRATAGEMに関しては、以下の分野に適用可能です。
  • 地下水
  • 環境調査
  • 地滑り調査
  • 岩床・表土マッピング など
STRATAGEM
STRATAGEM

戻る坑内調査へ戻る
土木分野の調査法
地熱=き裂と水の流れを評価する技術≒土木(岩盤・水理)?
コア記載のデジタル化
多成分多相3次元地下水シミュレータ
3次元モデル作成プログラム
地下情報3次元可視化データベース
高周波電磁探査法による浅部探査
BHTV検層・応力解析
その他の計測機器



このページのTOPへ
Copyright(C) Geothermal Energy Research & Development Co., Ltd. All Rights Reserved.