GERD お問い合わせサイトマップ
コンサルティング 研究開発 R&D 販売・レンタル
HOME

コンサルティング


スケール対策 サービス
 
スケール問題は、地熱発電所の操業に当たり最も大きな問題となっています。 当社ではこれらスケール問題の調査防止除去に対して段階的に取り組んでおります。

スケール調査

坑内検層や坑内モニタリング、地上に於ける蒸気・熱水の二相流量測定等により、スケール付着を調査、推測致します。

PTS検層器 圧力・温度・流量同時測定
BHTV(ボアホールテレビュア) 超音波を利用した坑壁のイメージング゙、キャリパー

ボアホールカメラ

高温用光学式カメラ

キャリパー検層

XY、マルチアームによる機械式キャリパー
圧力モニタリング 貯留層圧のモニタリング
TFT二相流量測定 噴気量のモニタリング


スケール防止

調査によりスケール付着が判明した場合は、スケールの種類に応じてインヒビターを調合、評価致します。また坑内薬液注入システムも設計・施工致します。


CTS薬注システム:
キャピラリーチューブを利用した坑内薬注システム

Chemcoインヒビター:
炭カル、シリカ、金属硫化物


キャピラリーチューブを用いた薬液注入システム
キャピラリーチューブを用いた薬液注入システム


スケール除去

既に付着してしまったスケールに対しては、酸処理を初め、強制的に排除、除去致します。


EPピグ


戻る掘削へ戻る


このページのTOPへ
Copyright(C) Geothermal Energy Research & Development Co., Ltd. All Rights Reserved.